車いすテニス

上地結衣・大谷桃子ペア 決勝進出をかけて | 女子ダブルス準決勝 | 東京パラリンピック

ハイライト2分でわかる

初の決勝進出をかけて準決勝に臨んだ日本の上地結衣選手と大谷桃子選手は、オランダの女子シングルス世界ランキング1位ディーデ・デフロート選手の鋭いショットなどに苦しみながらも、第1セットは1-3から3ゲームを連取。しかしそこから逆に3ゲームを奪われ、第2セットでも流れをつかめず、セットカウント0対2で敗れた。3位決定戦で、日本勢としてこの種目で初となるメダル獲得を目指す。2021年9月1日

動画を探す

※組織委員会から送られてきたデータをもとに表示しています。