バドミントン

梶原大暉 19歳 初代王者に! 世界1位を破り金 | 男子シングルス WH2(車いす) | 東京パラリンピック 

ハイライト2分でわかる

19歳の梶原大暉選手は、予選から準決勝まで、格上の相手を次々と破り、決勝まで進んできた。決勝の相手は、憧れの選手という世界ランク1位のキム・ジョンジュン選手。第1セットは終盤で逆転し、21対18で取った。第2セットは相手の強烈なスマッシュとネット際に落とすショットに苦しんだが、粘り強く拾って21対19とし、ストレート勝ちで金メダルを獲得した。2021年9月5日

動画を探す

※組織委員会から送られてきたデータをもとに表示しています。