陸上

永田 パラ初出場で銅メダル! | 男子マラソンT46(切断・運動障害) 決勝 | 東京パラリンピック 

ハイライト2分でわかる

アジア記録保持者の永田務選手が初めてのパラリンピックに挑んだ。永田はスタートから先頭集団に食い込み、安定した走りでレースを進める。25km過ぎ、中国の李朝燕選手が飛び出し、30km地点で2位集団と1分20秒の差をつける。そのまま李が独走状態に入るが、ペースを落とさず食らいついた永田は、粘りの走りで銅メダルを獲得した。2021年9月5日

動画を探す

※組織委員会から送られてきたデータをもとに表示しています。