競泳

木村敬一 君が代に涙 金メダル獲得の証 | 男子100mバタフライ S11(視覚) 表彰式 | 東京パラリンピック

ハイライト2分でわかる

パラリンピック4大会連続出場、競泳の木村敬一選手がついにつかんだ金メダル。表彰式で自らの首にかけると大事そうに両手で抱えた木村選手。国旗の掲揚とともに君が代が流れると涙した。「国歌は金メダリストの特権。僕らはそうでないと勝ったことを実感できないと思う」と目に見えない金メダルを手にした喜びを語った。銀メダルの富田宇宙選手は「アスリートとして正しいかわからないが、木村君には金メダルが似合うな」とライバルを称えた。2021年9月3日

動画を探す

※組織委員会から送られてきたデータをもとに表示しています。