競泳

ここにも注目! 多彩な泳ぎ 様々な工夫 | 東京パラリンピック

ハイライト

「限界を決めつけなければ、私たちは何でもできる力を秘めています」パラリンピック3大会で通算24個のメダルを手にし、ここ東京でもその数を増やしている競泳界のスーパースター、ダニエル・ディアス選手(ブラジル)の言葉だ。その実績が言葉の正しさを証明している。競泳は、障がいの重さによって14のクラスに分かれている。同じクラスであっても、選手の数だけ異なる泳ぎ方が存在する。“限界”と思わず、残された能力を最大限に生かして泳ぐスイマーたち。それぞれが磨き上げてきた技術や競技を支える数々の工夫にも注目!2021年8月27日

動画を探す

※組織委員会から送られてきたデータをもとに表示しています。