トライアスロン

スサーナ・ロドリゲス選手 アスリートと医師、挑戦こそ人生 | トライアスロン 女子PTVI(視覚) | 東京パラリンピック

ハイライト

スペインには、難関の医師の資格を持ち、今大会のパラトライアスロンで金メダルを獲得した“スーパーウーマン”がいる。スサーナ・ロドリゲス選手、アルビノという遺伝子の変異のため、生まれたときから体の色素が少なく、視力がほとんどない。それでもアスリートと医師の両方を志し、挑み続けてきた。過酷な競技で自らの限界に立ち向かう彼女の挑戦を紹介する。2021年9月1日

動画を探す

※組織委員会から送られてきたデータをもとに表示しています。