自転車

杉浦佳子 自転車で史上初2つめの金!|女子個人ロードレース C1-3(運動機能) 決勝 |東京パラリンピック

ハイライト2分でわかる

「最年長記録はまた作れる」。3日前に金メダルを手にして話した言葉を自ら実現して見せた。そして、日本のパラリンピック自転車競技の記録を塗り替える快挙だった。金メダル2つは史上初。杉浦佳子選手は先頭集団でレースを引っ張り、途中から中国とオーストラリアの選手と三つどもえになった。そして終盤の連続する上り坂でスパートをかけて2人を振り切り、2位に16秒差でフィニッシュ。2つめの金メダルを獲得した。2021年9月3日

動画を探す

※組織委員会から送られてきたデータをもとに表示しています。