陸上

見えないアスリートを支える コーラー・ガイドランナーの技術 | 東京パラリンピック

ハイライト

大会4日目から始まったパラリンピックの陸上競技。パラリンピックで最も多い167種目が実施される。その中には視覚障がいの選手とともに走る「ガイドランナー(伴走者)」や、走り幅跳びの選手に踏み切りのタイミングを伝える「コーラー」など競技アシスタントの存在が欠かせないものも。選手との息のあったコンビネーションや信頼関係にも注目だ。2021年8月28日

動画を探す

※組織委員会から送られてきたデータをもとに表示しています。