バドミントン

村山浩うれしい銅メダル シングルス金の梶原は2つ目のメダル獲得 | 男子ダブルス WH1-2(車いす) 3位決定戦 | 東京パラリンピック

ハイライト2分でわかる

男子シングルスWH2で金メダルの梶原大暉選手がこの日2つ目のメダルを獲得。男子シングルスのより障がいの重いクラスWH1の3位決定戦で敗れていた村山浩選手にとってはうれしい銅メダルとなった。メダルを争ったのはタイのペア。難病のため腹筋が利かない村山選手を攻めるタイに対し、日本は梶原選手のカバーリングとゲーム中に左右のポジションを入れ替えるローテーションで対抗。第1ゲーム、タイに先行を許すがゲーム中盤の10連続ポイントで逆転、21-18で取ると、第2ゲームも同じく逆転で制し、21-19とストレート勝ちした。2021年9月5日

動画を探す

※組織委員会から送られてきたデータをもとに表示しています。