車いすテニス

上地結衣 金メダルをかけた決勝へ! | 女子シングルス 準決勝 | 東京パラリンピック

ハイライト2分でわかる

リオ大会銅メダルの上地結衣選手が、同じく銀メダルのオランダのアニーク・ファンコート選手と対戦し、女子の日本選手として初の決勝進出を決めた。鍵となったのは、第1セット2-1で迎えた相手サーブの第4ゲーム。上地選手は、8回のデュースの末ブレイクに成功すると、試合の流れを引き寄せ6-2で取った。続く第2セット、ファンコート選手の強烈なフォアハンドやスライスに苦しめられるも、積極的に仕掛けて相手を崩し、このセットも6-2で取り、セットカウント2対0のストレートで勝利した。上地選手は、あす3日に行われる決勝で、世界ランキング1位のオランダのディーデ・デフロート選手と対戦。金メダルをかけた戦いに臨む。2021年9月2日

動画を探す

※組織委員会から送られてきたデータをもとに表示しています。