ブラインドサッカー

10番川村怜 11番黒田智成ともに2ゴール 初出場の初戦で快勝! | 男子予選リーグ 日本×フランス | 東京パラリンピック 

ハイライト2分でわかる

視覚障がいのある4人のフィールドプレーヤーと視覚障がいがないもしくは弱視のゴールキーパーの計5人で戦うブラインドサッカー。フットサルと同じ広さのコートで、20分ハーフの40分で行われる。開催国枠での初出場となる日本、初戦の相手はロンドン大会、銀メダルのフランス。先制したのは日本、前半4分、黒田智成選手が相手ボールを奪うとそのままドリブルでゴール正面まで持ち上がりシュート。日本のパラリンピック初得点を決める。続く前半9分にも黒田選手、19分にはセットプレーからチームのエース、川村怜選手が決めて3-0のリードで折り返す。さらに後半7分、川村選手がPKを決め4-0で快勝。次戦、過去4大会すべて金メダルのブラジルとの試合に向け、弾みをつけた。2021年8月29日

動画を探す

※組織委員会から送られてきたデータをもとに表示しています。