車いすバスケットボール

鳥海連志が躍動! 初戦を快勝! | 男子予選リーグ 日本×コロンビア | 東京パラリンピック

ハイライト2分でわかる

日本は、試合開始からわずか7秒でエースの藤本怜央選手がスリーポイントシュートを決めて先制し、その後は22歳の鳥海連志選手を中心に守備から素早く攻撃に切り替える速攻などで得点を重ねた。最後まで互いに攻め合う展開となったが、コロンビアに逆転を許さず初戦を勝利で飾った。鳥海選手は、15得点、17リバウンド、10アシストと3つの2桁を記録する「トリプルダブル」を達成した。2021年8月26日

動画を探す

※組織委員会から送られてきたデータをもとに表示しています。