ブラインドサッカー

やっぱりブラジルは強かった!パラリンピック4連覇の実力示す | 男子 予選リーグ 日本×ブラジル | 東京パラリンピック 

ハイライト2分でわかる

予選リーグ第2戦、日本の相手はパラリンピックでいまだ負けなし、2004年のアテネ大会から4大会全勝で金メダルを手にしてきた絶対王者ブラジル。前半5分、サイドチェンジのパスを右サイドで受けた8番ライムンド・メンデス選手がドリブルで切り込みそのままシュート、日本は先制される。その後もブラジルの攻勢が続くが、日本はゴールキーパー・佐藤大介選手の好セーブもあり追加点を許さず。前半を1-0で折り返す。しかし、後半に入ると5分に9番チアゴ・ダ シルバ選手、後半16分と19分にはブラインドサッカー界のスーパースター、10番リカルド・アウベス選手に2点を決められ、0-4で敗れた。1勝1敗となった日本は、勝ち点で並ぶ中国と予選突破をかけて最終戦を戦う。得失点差で上回るため、引き分け以上なら予選突破。キックオフは明日31日(火)午前9:00。8月30日

動画を探す

※組織委員会から送られてきたデータをもとに表示しています。