1日まとめ

【8/25 ハイライト】 日本勢メダル第1号は競泳の14歳中学生!車いすラグビーなども好スタート | 東京パラリンピック

ハイライト1日まとめ

東京パラリンピック2日目、きょうから競技がスタートした。日本に今大会最初のメダルとなる銀メダルをもたらしたのは競泳の山田美幸選手、14歳。日本勢メダル獲得の最年少記録を塗りかえた。同じく競泳の鈴木孝幸選手は、5大会連続出場、粘り強い泳ぎで銅メダルを獲得。“ミスターパラ競泳”が2大会ぶりに表彰台に戻ってきた。球技の団体競技も予選が開幕、ゴールボール男子や車いすバスケットボール女子、車いすラグビーが勝利をおさめ、好調なスタートを切った。2021年8月25日

動画を探す

※組織委員会から送られてきたデータをもとに表示しています。