種目を選ぶ

イラスト競技紹介

競技ガイド

パラリンピックのなかでもっとも多い167種目が実施される陸上。勝敗や記録への挑戦以外にも、さまざまな楽しみ方と見どころがある。たとえば異なる障がいのある男女4人がリレーする「ユニバーサルリレー」やフィールド種目の「こん棒投げ」などはパラリンピックでのみ実施される種目。また、選手の身体能力や技術の向上とともに、進化する義足や「レーサー」と呼ばれる競技用車いすなど、用具の進化も著しく、それらの使いこなしも記録更新や勝利には欠かせない。そして選手とともに走る「ガイドランナー」や、踏み切りのタイミングなどを伝える「コーラー」との息のあったコンビネーションもパラリンピックならでは。個々の特性を生かして「より速く より高く より遠くへ」と挑むアスリートの姿を目に焼きつけよう。

メダル獲得数

順位 国・地域 合計
1 中国 27 13 11 51 中国 メダル
2 RPC(ロシアパラリンピック委員会) 12 13 13 38 RPC(ロシアパラリンピック委員会) メダル
3 アメリカ 10 17 14 41 アメリカ メダル

日本のメダル

金メダル
3
銀メダル
3
銅メダル
6
合計
12
順位
20
※組織委員会から送られてきたデータをもとに表示しています。