競技から選択

バドミントン

パラリンピック バドミントン

東京大会から新たに正式競技に採用。世界選手権も開かれ競技人口が増えている。大きく分けて車いすの2クラスと、立位の4クラスに分かれている。またクラスごとにコートの広さが変わり、車いすなど一部のクラスは通常の横幅の半分となる。また、車いすクラスではネットに近いエリアに落ちたシャトルはアウトとなる。 立位はスピードやパワーが見どころ、車いすのクラスは瞬時のチェアワークと戦略的なショットの応酬に注目。

代表選考の流れ

2019年1月から2020年3月29日までの選考レース期間に行われる国際大会での獲得ポイントに応じて、2020年4月2日に国際バドミントン連盟が発表する世界ランキングで上位の選手ペアが内定する予定です。