競技から選択

ボッチャ

パラリンピック ボッチャ

ボッチャはイタリア語でボールの意味。脳性まひなど比較的重い運動機能障害のある人のためにヨーロッパで生まれた競技である。的になる白いジャックボールに向かって赤と青の各6個のボールを投げたり転がしたりして、ジャックボールにいかに多くのボールを近づけるかを競う。ジャックボールの位置を途中で弾いて動かすこともできる点が特徴。カーリングのように戦略性が高く、一発逆転もある頭脳戦でもある。

代表選考の流れ

開催国枠で団体、ペアの出場はすべてのクラスで出場が決まっています。個人戦については各クラスで1人ずつ開催国枠があります。個人戦で2人以上出場するためには世界ランキングで上位に入る必要があります。代表選考の基準は2019年9月ごろに発表される予定です。