競技から選択

カヌー

カヌー

前回リオ大会から正式競技になり、東京大会ではカヤック種目に加え新たにヴァー種目が実施される。カヤック艇は直進性に優れた形で、水をとらえるブレードが両側についているパドル1本で艇の左右を交互にこぎながら進む。新種目のヴァーでは艇の横に安定感を補うアウトリガー(浮き具)がついているカヌーを使用。片側だけにブレードがついているパドルを使って左右どちらかをこぎ進む。200mコースを一斉にスタートしタイムを競う。

代表選考の流れ

これまでに代表内定している選手以外の選考は、2020年5月にドイツで開かれるワールドカップで上位4か国に最終の出場枠が与えられ、その出場枠を獲得した選手が内定する予定です。

競技ガイド

カヌー 力強いパドリングが生む圧倒的なスピード 水上で繰り広げられるデッドヒート

パラリンピックのカヌーは200メートルの直線コースで行われるスプリント戦だ。足に障害のある選手が参加し、障害の程度に応じて3つのクラスに分けられている。1人乗りのシングル種目のみが行われ、東京大会からカヤックに加えて、「ヴァー」と呼ばれる艇による種目が追加された。カヤックはレジャー用のカヌーと違い、先端がシャープで艇の幅が細い。スピードが出る反面バランスをとるのが難しく、選手はリズム良くパドルを漕ぎ、水面を滑るように突き進む。新種目のヴァーは艇の片側に「アウトリガー」と呼ばれる浮き具がつき、カヤックよりも安定性に優れるが、直進性能が低く、選手には上半身のパワーとともにテクニックが求められる。レースは複数の選手が同時にスタートし、艇の先端がフィニッシュラインを通過するまでのタイムを競う。

手話CGで見どころ紹介!

カヌー手話CG動画

鍛えられた上半身の筋肉と高度なテクニックにより繰り出される、あたかもカヌーと一体化したかのような選手の動きにご注目ください!

カヌー手話CG動画はこちら>

東京パラリンピック カヌー競技日程

競技日程が決定され次第、掲載します。

クイズ!パラマニア大作戦 カヌー パドルスキー クイズに答えて仲良くなろう!