競技から選択

カヌー

カヌー

前回リオ大会から正式競技になり、東京大会ではカヤック種目に加え新たにヴァー種目が実施される。カヤック艇は直進性に優れた形で、水をとらえるブレードが両側についているパドル1本で艇の左右を交互にこぎながら進む。新種目のヴァーでは艇の横に安定感を補うアウトリガー(浮き具)がついているカヌーを使用。片側だけにブレードがついているパドルを使って左右どちらかをこぎ進む。200mコースを一斉にスタートしタイムを競う。

代表選考の流れ

2019年8月にハンガリーで行われる世界選手権で上位6か国に入れば、東京五輪の出場枠を獲得し、その選手が代表に内定します。その後は2020年5月に予定されているドイツのワールドカップで上位4か国に最終の出場枠が与えられ、その出場枠を獲得した選手が内定する予定です。