競技から選択

馬術

パラリンピック 馬術

1996年大会から正式競技。オリンピックとは違って障害馬術や総合馬術はなく、馬場馬術のみが行われる。常歩(なみあし)、速歩(はやあし)、駈歩(かけあし)の3つの歩き方を基本に、さまざまなステップを踏んだり図形を描いたりする。男女の別はなく、個人と団体がある。手綱を握ることのできない選手は口でくわえたり、足の指で握ったりする選手もいる。障害のある選手が馬と一体となって披露する演技に注目したい。

代表選考の流れ

開催国枠は4つあります。代表選考レースは2019年3月から、2020年4月30日まで行われます。この期間に国際馬術連盟の基準に基づく大会に2試合以上出場し、得点率の高い選手が代表に選ばれます。日本障がい者乗馬協会が代表選手を正式決定するのは2020年5月の理事会の予定です。

競技ガイド

馬術 人と馬の絆が生む 優雅な動きに酔いしれる

人と馬が対等のパートナーとして競技に参加し、歩行の正確性や動きの美しさを競う馬術。種目は決められた動きを行う個人 規定と、選手3人のチームで規定演技を行う団体、音楽に合わせて自由に動く個人 フリースタイルの3種類。馬に指示を出して円を描いたり、斜めに進んだりとさまざまな技を披露し、審判員の判定による採点で順位が決まるが、馬の美しさも得点に影響する。選手は障害の種類や程度に応じて5つのグレードに分かれ、手に障害のある選手は手綱を片手で持ったり、手を使わずに口でくわえたりと、さまざまな工夫で馬に意志を伝える。1964年の東京大会でも会場となった馬事公苑で奏でられる、人馬一体の美しいハーモニーに酔いしれたい。

手話CGで見どころ紹介!

馬術手話CG動画

人馬一体となった華麗な演技を競う競技。長方形の競技アリーナの中で馬を操り、演技の正確性や優雅さを競います。

馬術手話CG動画はこちら>

東京パラリンピック 馬術競技日程

競技日程が決定され次第、掲載します。

クイズ!パラマニア大作戦 馬術 パカルン クイズに答えて仲良くなろう!