競技から選択

ブラインドサッカー

パラリンピック ブラインドサッカー

5人制サッカーとも呼ばれ、視覚障害のある選手が周囲の声を頼りに転がると音の出るボールをドリブルやパスでつないでゴールを狙う。ゴールキーパーは視覚障害のない選手か弱視の選手が務めるが、フィールドプレーヤーはアイマスクを着用し視覚を遮断した状態でプレー。観客はプレーの妨げとならないよう静かに見守ることが求められる。ルール改正でゴールのサイズが少し大きくなり、得点シーンが増えるかもしれない。

動画

代表選考の流れ

開催国枠で初出場が決まっています。代表メンバーは、代表での活動を通じて監督やコーチが判断しますが、決定の時期は未定です。

競技ガイド

ブラインドサッカー 音と声でボールを感じる。静寂のなかのスーパープレー

ブラインドサッカーは視覚障害のある4人のフィールドプレーヤーと、視覚障害がないか弱視のゴールキーパーの計5人でチームを構成する。試合時間は20分ハーフの40分。フットサルと同じ広さのコートで行われる。障害の程度を公平にするため、フィールドプレーヤーはアイマスクの着用が義務付けられ、視覚を遮られた状態でプレーするが、“まるで見えているかのよう”に巧みにボールを操り、ゴールを狙う。その秘密は、音と声。ボールは転がると音が出るようになっており、選手はその音で位置やスピード、転がり方を把握する。味方の声も重要なアシストで、監督とゴールキーパー、相手のゴール裏に立つ「ガイド(コーラー)」の声を参考に選手は動く。音が情報源となるブラインドサッカーでは、華麗なテクニックにも応援の声を控えるのがマナー。プレー中の観客席は静まり返っているが、ゴールが決まると静寂から一転、大歓声に包まれるのもブラインドサッカーならでは。

手話CGで見どころ紹介!

ブラインドサッカー手話CG動画

視覚に障害のある選手のサッカー。ゴールキーパー以外はアイマスクをしていますが、“まるで見えているかのような”スーパープレーが続出!

ブラインドサッカー手話CG動画はこちら>

クイズ!パラマニア大作戦 ブラインドサッカー ブライアン クイズに答えて仲良くなろう!