競技から選択

柔道

パラリンピック 柔道

視覚障害のある選手が、組み合った状態から試合を始めるのが最大の特徴。一般の柔道と違って組み合うまでに互いがけん制し合うことがないため、試合開始から技をかけあう激しい攻防が見られる。オリンピックと同様に男女とも体重別の階級に分かれて行われる。全盲や弱視など見え方の異なる選手どうしもそのまま対戦する。1988年大会から正式競技になり、日本男子は毎大会メダルを獲得している。女子は2004年大会から。

代表選考の流れ

開催国として男子7、女子6のあわせて13階級すべての出場枠をすでに獲得しています。2020年5月にかけて行われる国際大会での成績をもとに算出される東京パラリンピックランキングで5月末現在で最もランキングが上位にある選手が代表に内定します。