競技から選択

ボート

パラボート

2008年大会から正式竸技に。2000mの直線コースをオールを漕いで速さを競う。実施種目はシングルスカル(1人乗り)、ダブルスカル(2人乗り)、舵手つきフォア(4人乗り)。シングルスカルは男女別、ダブルスカルは男女のペア、舵手つきフォアは男女2人ずつに加え舵取り役のコックスも乗る。運動機能障害と視覚障害という異なる組み合わせが特徴。東京大会から1000mだった距離がオリンピックと同じに伸び、レース運びに注目。

代表選考の流れ

2019年8月のオーストリアの世界選手権でPR1が上位7か国、PR2・PR3は上位8か国が出場枠を獲得します。世界選手権で出場枠を1つも獲得できなければ、アジア・オセアニア大陸の予選でPR1の上位1か国に出場枠が与えられます。さらに出場枠獲得できていなければ、2020年5月のイタリアの世界最終予選でPR1が上位1か国、PR2・PR3が上位2か国に出場枠が与えられます。それまでに全く出場枠を獲得できていなければ、開催国枠がPR2もしくはPR3のいずれか1種目で獲得できます。代表は必ずしも出場枠を確保した選手ではなく、別途、最終選考を行う予定です。