競技から選択

トライアスロン

パラリンピック トライアスロン

前回リオ大会から実施。1人でスイム、バイク、ランを連続して行い、その合計タイムで競うのはオリンピックと同じだが、距離はオリンピックの半分。両足に障害のある選手はバイクにハンドサイクルを使い、ランでは競技用車いすを使う。パートナーにも注目。視覚障害のクラスにはレースを通して同性のガイドランナーがつき、車いすのクラスではトランジションエリアでハンドラーのサポートを受けウエアの着脱や乗り換えを行う。

代表選考の流れ

出場枠は各クラス男女2人までで、最大で4クラス16人までです。2020年6月28日までの世界ランキングで上位9人に入っている選手を第1の基準とし、2020年7月に行われる代表選考委員会で決定します。ランキング9位以内の選手がいない場合、強化SおよびA1のレベルに相当する選手などとする第2の基準も踏まえて選考されます。

競技ガイド

トライアスロン 肉体の限界に挑戦!“モノ”“ヒト”とのコンビネーションにも注目

肉体の極限に挑む鉄人レース、トライアスロン。パラリンピックのトライアスロンでは、スイム750メートル、バイク20キロ、ラン5キロを連続で行い、合計タイムを競う。クラスは障害の種類に応じて、車いすを使用する選手のクラス「PTWC」、腕や足に障害のある選手のクラス「PTS2~5」、視覚に障害のある選手のクラス「PTⅥ」の3種類。時に「ガイド」や「ハンドラー」と呼ばれるスタッフや、特別仕様の自転車などの力も借りながら、選手たちは自身に残された機能を最大限に生かしてレースに臨む。各種目の距離はオリンピックの半分で、スピード勝負が展開されるが、選手に求められるのはレースを乗り切る持久力、己に打ち勝つ精神力、ペース配分を冷静に行う判断力など、あらゆる要素を含んだ総合的な力だ。

手話CGで見どころ紹介!

トライアスロン手話CG動画

水泳、自転車、長距離走を続けて行う過酷な競技。視覚障害の選手にはガイドがつくなど、サポートする人との連係も重要なポイントです。

トライアスロン手話CG動画はこちら>

東京パラリンピック トライアスロン競技日程

競技日程が決定され次第、掲載します。

クイズ!パラマニア大作戦 トライアスロン アスロン クイズに答えて仲良くなろう!