競技から選択

車いすラグビー

パラリンピック 車いすラグビー

足や腕などに障害のある選手が専用の車いすを操りバスケットボールと同じ大きさのコートで対戦。車いすがぶつかり合う激しいコンタクトが特徴。丸いボールを膝の上に乗せたりパスをつないだりしてトライラインを通過すると1点が入る。障害の程度により重い方から順に0.5点から3.5点まで選手の持ち点があり、コート上の4人の合計は8点以内(女性1人入ると上限0.5プラス)。障害の程度が異なる選手たちが見せるチームプレーに注目。

特集記事

代表選考の流れ

開催国枠で出場が決まっています。登録選手は12人と予備選手1人です。2020年3月のジャパンパラ大会のメンバーが、代表に選出される可能性が高くなりますが、最終的なメンバーの確定は、2020年6月ごろを予定しています。