競技から選択

車いすテニス

パラリンピック 車いすテニス

1992年大会から正式競技。四大大会でも車いすテニスの部が実施され、プロ選手の活躍もあって人気が高い競技の一つ。下半身に障害のある選手が車いすを操作しながらプレー。返球するまでに2回までバウンドが認められている。テニスのテクニックに加え、車いすの操作にも高い技術が必要。車いすには軽量化や回転性を高めるための工夫が施されている。足だけでなく腕などに障害のある選手が参加するクアードも行われる。

動画

代表選考の流れ

すでに内定している選手を除いて、2020年6月8日に発表されるITFシングルス世界ランキングで男子は上位40人、女子は上位22人、クァードは上位12人に出場権が与えられれます。ただし国別の枠は男子と女子が最大4人、クァードが最大3人のため枠を超える選手はランキング内でも出場できません。ダブルスはシングルスの選手の中でペアを組み、各国で男子と女子で2組、クァードが1組です。

競技ガイド

車いすテニス 巧みなチェアワークから放つスーパーショット

広いコートをラケット片手に巧みなチェアワーク(車いすの操作)で駆け巡り、正確で多彩なショットを放つ車いすテニス。一般のテニスと同じコートの広さ、ネットの高さでプレーし、同様の道具を使用するため、観戦する側にも親しみやすく人気の高い競技だ。大きく異なるのは、2回バウンドしたボールを返球するのが認められている点。3セットマッチで行われ、2セット先取した選手の勝利となる。会場の有明テニスの森は国際大会も開催されるテニスの聖地。白熱したラリーが展開され、車いすテニスの新たな伝説が誕生する!

手話CGで見どころ紹介!

車いすテニス手話CG動画

2回までのバウンドで返球するほかは、コートの広さ、ネットの高さなどは一般のテニスと同じ。返球を予測して動く頭脳プレーにも注目!

車いすテニス手話CG動画はこちら>

クイズ!パラマニア大作戦 車いすテニス ラケト クイズに答えて仲良くなろう!