陸上

パラ陸上 アナニアス・シコンゴ 失明と貧困を乗り越えて

ナミビアのアナニアス・シコンゴ選手(34)。リオパラリンピック陸上男子200m、視覚に障害のあるクラスの金メダリストです。
東京パラリンピックで、2大会連続の金メダルを目指すシコンゴ選手。今、力を入れているある「取り組み」と、そこで自分に与えられた「役割」が、東京パラリンピックに挑む意義だと言います。
失明と貧困という困難を乗り越えたシコンゴ選手が、次のステップとして選んだその取り組みとは?そして、東京パラリンピックに、どんな思いを持って臨むのでしょうか。

取材: NHKパラリンピック放送リポーター 後藤佑季

【関連記事】「障害を受け入れることは、諦めることではない」パラ陸上 アナニアス・シコンゴ ―シリーズ「レジリエンス」vol.1

※この動画は以下の番組から作成しています。内容は放送時のものとなります。
2021年2月25日「おはよう日本」