馬術

パラ馬術 稲葉将 大好きな馬で東京パラへ!競技開始4年で急成長

パラ馬術の稲葉将(しょう)選手(25)。競技を始めてわずか4年で国内トップクラスに成長した期待の若手選手で、初のパラリンピック出場を目指しています。「馬のパフォーマンスを引き出しながら、詰まることなくスムーズにいくのが理想。それには練習あるのみ」という稲葉選手。2021年3月に行われた、日本代表候補の強化合宿の練習に密着しました。

※この動画は以下の番組から作成しています。内容は放送時のものとなります。
2021年4月21日「おはよう日本」

パラが「わかる」番組動画