トライアスロン

パラ初出場の舞台を想像しすぎて… パラトライアスロン 宇田秀生

スイム、バイク、ランの25.75キロを3種目で競うパラトライアスロン。肉体の極限に挑むこのスポーツで、パラリンピック初出場を目指す宇田秀生(うだ・ひでき)選手(33)。
日ごろから、パラリンピックという場所や環境を強くイメージしながら練習をしていると言います。ところが、憧れの舞台を強く意識し過ぎるあまり、練習中思わずしてしまう“あること“があるのだといいます。果たして、その“あること”とは?

※この動画は以下の番組から作成しています。内容は放送時のものとなります。
2020年12月7日「ハートネットTV」

武井壮のパラスポーツ真剣勝負