車いすラグビー

“テープ”が活躍!コート外の戦い 車いすラグビー

激しいぶつかり合いが魅力の車いすラグビー。試合中、何度もパンクの音が響きます。多い時には1試合で10回以上もパンクすることも。パンクするとすばやくメカニックがかけつけ、1分以内で予備タイヤに交換します。日本代表で10年以上車いす整備を担当する三山慧さんは、パンクの穴をふさぐために、粘着力が強く破れにくいテープを探した結果、配管工事などで使われるテープにたどり着きました。コートの外で繰り広げられるメカニックの戦いを追いました。

※この動画は以下の番組から作成しています。内容は放送時のものとなります。
2021年4月4日「サンデースポーツ」

パラが「わかる」番組動画