陸上

視覚障害者ランナーと伴走者をつなぐロープの“呼び名”は何?

視覚障害者マラソンにおいて、ランナーの走りになくてはならないのが「伴走者」の存在。選手と伴走者が1本のロープを握り併走します。リオパラリンピック銀メダリストの道下(みちした)美里選手は、「まるで見えているかのように走らせてくれる伴走者の存在があって自由に羽ばたける」と話します。選手と伴走者を繋ぐロープにはある“呼び名”があります。

パラ陸上 世界選手権2019 ハイライト動画

車いすラグビー ワールドチャレンジ2019 ハイライト動画

パラ競泳 世界選手権2019 ハイライト動画