卓球

パラ卓球 ジェシー・チェン 人種差別を乗り越え、伝えたい思い

パラ卓球、車いすのクラスのジェシー・チェン選手(31)。オーストラリア代表として、初のパラリンピック出場を目指しています。
中国出身の両親のもとに生まれたチェン選手。ソロモン諸島で暮らしていた16歳のとき、暴動で中国系住民が無差別に攻撃され、チェン選手も就寝中になたで襲われ、脊髄を損傷。胸から下の感覚を失いました。
人種差別で負った傷を乗り越えて、“世界はひとつ”という、強い信念を胸に戦うチェン選手。東京パラリンピックに出場し、プレーを通して伝えるのが夢だという、ある思いがあります。
チェン選手が伝えたい、その思いとは。

取材: NHKパラリンピック放送リポーター 後藤佑季

【関連記事】「道は1つではなく、ほかにも選択肢がある」 パラ卓球 ジェシー・チェン ―シリーズ「レジリエンス」vol.2


※この動画は以下の番組から作成しています。内容は放送時のものとなります。
2021年2月26日「おはよう日本」