東京パラリンピックの放送計画について

2021年7月9日 NHK広報局

NHKはパラスポーツと触れ合うことを通じて、多様性を尊重する “共生社会”の実現に寄与したいという考えのもと、パラリンピックの放送に取り組んできました。今回のパラリンピックは、コロナ禍のなかでの大会となりますが、総合、Eテレ、BS1、BS4K、BS8K、ラジオ第1の6つの放送波で、様々な苦難を乗り越えようとするパラアスリートの姿を伝えていきたいと考えています。
また、大会期間中も新型コロナウイルスの最新情報については、ニュースの中で丁寧にお伝えするとともに、重要なニュースがあった場合には、柔軟な編成で対応します。

※この放送計画は暫定版で、さらに詳細な計画がまとまり次第、発表する予定です。

総合テレビ 地上波放送計画はこちら

大会期間中、朝8時過ぎから夜11時ごろまで、ニュースなどを挟みながらパラリンピックをお伝えします。朝は連続テレビ小説に続いて、ふだんは「あさイチ」などを放送している8時台に、当日の見どころを伝える番組「あさナビ」を放送します。続いて様々な競技中継をお伝えし、競技終了後には、一日をまとめて振り返る「デイリーハイライト」を放送します。
競技の中継は日本から多くの有力選手が出場する陸上・競泳をはじめ、日本のメダル獲得が期待されるゴールボールや車いすラグビー、さらに車いすバスケットボールやボッチャなど関心が高い競技も、随時中継していきます。

Eテレ 地上波放送計画はこちら

Eテレでは主に夜の時間帯に競技の中継を放送します。朝夕の幼児・子どもゾーンは概ね通常通り放送します。

※総合テレビとEテレで放送される競技は、NHK+でもご覧いただけます。
>>地上波で生放送 注目の競技はコレだ!!

BS1 BS1放送計画はこちら

朝9時ごろから夜12時ごろまで、生中継と録画で様々な競技をお伝えします。地上波でお伝えしきれなかった自転車、柔道、トライアスロン、シッティングバレーボール、バドミントンなどを生中継でお届けします。日本人選手の活躍や、世界のトップパラアスリートたちの戦いをお伝えする予定です。

BS4K・BS8K BS4K・BS8K放送計画はこちら

BS4K、BS8Kは、オリンピック同様、実用放送が始まって初めての大会です。今回は4Kと8Kで同じ競技を中継することにしていて、開閉会式や、陸上、競泳、車いすラグビー、バドミントンの4競技を放送する予定です。
>>BS4K・BS8Kで生放送 注目の競技はコレだ!!

ラジオ第1 ラジオ第1放送計画はこちら

開閉会式のほか、車いすラグビーや競泳、陸上など6つの競技を中継でお伝えします。NHKネットラジオ「らじる★らじる」や、ネットラジオ「radiko」でもリアルタイムでお聞きいただけます。