都道府県一覧

愛知県

aichi.png

メダリスト列伝

競泳の清川正二は戦前のロサンゼルス大会で金メダル。のちにIOC副会長を務めた。体操の中山彰規は2大会で金メダル6個。柔道は吉田秀彦がバルセロナ大会で金。女子の谷本歩実はアテネ大会と北京大会を連覇。羽根田卓也はリオ大会でカヌー日本初の銅メダル。

聖火リレー予定
4月5日(月)・6日(火)
聖火リレー詳細はこちら

ゆかりの選手

羽根田 卓也

羽根田 卓也

カヌー 羽根田卓也選手は、オリンピック3大会連続出場中。前回のリオデジャネイロ大会で銅メダルを獲得しカヌー競技で日本選手初のメダリストとなった。高校卒業後すぐにカヌー強豪国のスロバキアに渡り、今もスロバキアを拠点に世界と戦っている。
鈴木 亜由子

鈴木 亜由子

陸上 おとぼけ秀才ランナー
杉本 早裕吏

杉本 早裕吏

新体操 団体の杉本早裕吏選手はリボンやフープを確実に操る安定感やダイナミックな演技が持ち味で、高校在学中に団体の日本代表に選出された。リオデジャネイロオリンピックでは8位、2017年の世界選手権では3つのメダル獲得に貢献した。
山西 利和

山西 利和

陸上 京都大出身で高いスピード能力を誇る。高校時代から国際試合で活躍し大学でさらに実力伸ばした。2019年世界選手権20km競歩で金メダルを獲得し東京五輪代表に内定。2020年9月には5000m競歩で日本新(当時)マーク。2021年日本選手権で2連覇果たす。
服部 勇馬

服部 勇馬

陸上 服部勇馬選手は東洋大で箱根駅伝の各校のエースが集まる花の2区を走り2年連続で区間賞。東京五輪を目指し大学時代からマラソンに取り組む。2018年の福岡国際マラソンで大学の先輩の設楽悠太選手らを抑え優勝。一躍東京五輪の有力候補の1人に。
吉田 萌

吉田 萌

アーティスティックスイミング 吉田萌選手は長い手足と、テンポの速い楽曲にも対応できるリズム感の良さが持ち味。2018年、井村雅代ヘッドコーチから、乾友紀子選手のデュエットのペアに抜擢された。東京五輪は銀メダル以上が目標。

ホストタウン