ページの本文へ

東京パラリンピックでのNHKのユニバーサル放送・サービス

視覚・聴覚に障がいのある方に楽しんでいただける放送・サービスをまとめています。

NHKでは、幼児、子どもからお年寄り、目や耳に障がいのある方など、すべての視聴者が、見やすく、聞きやすく、分かりやすく、安心して視聴できる「人にやさしい」放送・サービスの実現を、公共放送の重要な使命と捉え、取り組んでいます。東京オリンピック・パラリンピックにおいても、あらゆる人たちがともに楽しめるような放送・サービスを実施していきます。

注目競技や選手情報をわかりやすく【ユニバーサル番組】

東京2020パラリンピック あさナビ

2016年リオデジャネイロ大会から放送してきたユニバーサル放送を、東京パラリンピックではさらに発展させます。その日の注目競技や活躍が期待される選手などを紹介し、競技中継をご覧いただくための情報をお届けする番組「あさナビ」。この番組をユニバーサル放送として、大会期間中のほぼ毎朝、生放送でお届けします。

今回の放送の特徴

生放送の番組で、情報を分かりやすく伝えるために2つの工夫をします。

  • スタジオではしゃべりの達人が巧みな話術で「聞いただけでもわかる」プレゼンに挑戦。
    映像や凝ったイラスト、字幕を駆使して「見ただけでも分かる」も追求します。
    その日に登場するパラ選手の魅力、パラ競技のルールや見どころなどを、障がいのある人もない人も等しくご覧頂けるようにお伝えします。
  • これまで生放送では放送内容と字幕表示との間に時間差が生じるのが課題でした。
    そこで放送の送出を30秒遅らせ、その間に字幕を作成し、放送内容にぴったり合わせた字幕表示を実現。聴覚に障がいのある人にもない人にも同じタイミングでストレスなく情報をお届けします。

競技データから自動生成した実況と字幕をライブで【ロボット実況・字幕】

ロボット実況・字幕では、大会の主催者から試合展開に応じて送られてくる競技データから、あらかじめ各競技ごとに用意しておいたひな型を使い、実況テキストを自動的に生成。これを字幕と合成音声実況に変換し、ライブストリーミング映像とタイミングを合わせて合成し、インターネット配信でお届けします。
「ロボット字幕」は聴覚障がい者のほか、スマートフォンなどで「音無しで視聴したい」という方にも便利にご利用いただけます。「ロボット実況」は視覚障がい者のほか、家事をしながらの「ながら視聴」などにもおすすめです。

ロボット実況・字幕の詳しい情報

電車の中でロボット実況・字幕を見聞きしているイラスト

こちらのページでは、大会当日のロボット実況の予定をお伝えします。以下は、ロボット実況のサンプル画面です。

ロボット実況・字幕の実況画面サンプル画像

競技の見どころや「ライブ実況」をCGキャラクターの手話で【手話CG実況】

東京パラリンピック対象競技:車いすバスケットボール、車いすラグビー
手話CG実況では、コンピューターグラフィックス(CG)による手話のアニメーション「手話CG」の技術を活用し、東京オリンピック・パラリンピックの主催者が、リアルタイムに配信する様々な競技データを手話に変換してお伝えします。どの選手が、いつ、何をしたというような試合の状況や、経過を伝える情報をリアルタイムに伝えていきます。
また、試合中に反則が起きたときにはその反則名が表示され、ルールを紹介する手話CGも見ることができます。
こちらは、競技中継を多くの方に楽しんでもらうために、東京大会で初めて実施するサービスになります。

手話CG実況の詳しい情報

CGの女性が手話で語りかけている画像

こちらのページでは、大会当日の手話CG実況の予定をお伝えします。以下は、手話CG実況のサンプル画面です。

手話CG実況の実況画面サンプル画像

お役立ちリンク